子育て・教育

あんふぁんママの質問箱

【ママの質問箱】 おとなし過ぎる子

2017年02月03日(金)

Q 優しい息子ばかりが、我慢しているみたいで複雑
illustration ATFT GRAPHICS.

illustration ATFT GRAPHICS.

 4歳の息子には、「おもちゃは順番に使う」「嫌なことがあっても人をたたかないなど厳しくしつけてきましたでも最近お友達と遊んでいると息子ばかり我慢していることが目に付き、「たたかれたらやり返しなさいと言ってしまいます。「そんなことできないと泣く息子に対してただの自己主張ができない子なのかと思ってしまうように私が息子に言っていることは間違っていますか?
 東京都ススママ
 
A なことはえる、表現方法えましょう

 こういう悩みを抱えているお母さんは意外と多いようですね間違っているとは言いませんが子育てに対する姿勢がブレていませんか? 急激な方向転換は子どもを戸惑わせるだけですよどんな子どもに育ってほしいのかをいま一度確認してみてください

 最近の子育てを見ていると子どもに完璧を求め過ぎる傾向があるように感じます子どもにしてみたら優しい子になりなさいと言われる一方でやられたらやり返す強い子になりなさいとも言われるわけですもちろん周りの状況によって親の姿勢が変わるのは仕方がないしこの世の中は優しさだけで生きていくのは難しいかといって強さだけで生きるのもしんどい大事なのは優しさと強さのバランスを考えて育てることです

 やられて嫌なことがあったら自分の口で言わないと伝わらないよと言って自分の気持ちを伝える適切な表現方法や手段を教えてあげたり、「ママと一緒に言いに行こうねと優しく促してあげてくださいそうして友達と仲良くやっていく方法をお母さんと考えながらコミュニケーションのスキルを育てていってほしいなと思います
Q 恥ずかしがり屋の息子を、積極的にするには?

 4歳の息子は極度の恥ずかしがり屋で先生やお友達にあいさつができません話し掛けられるとモジモジしてばかりですお友達とは普通に遊べているようですがもう少し積極的になれるといいなと思っていますどのように声掛けすればいいでしょうか
宮城県ネコバス
 
A さんがお手本せてあげましょう

 男の子には元気でやんちゃというイメージがあるかもしれませんがそれに当てはまらないからといって悪いわけではありませんお子さんの良いところを大事にしながら人と関わる場面を意識してつくってあげてほしいですね

 よく親は子どもにごあいさつは?とかありがとうは?と言いますよねこうやって無理やり言わせるよりも効果的なのは普段からお母さんがお手本を見せてあげること例えばエレベーターに乗ったときは一緒に乗り合わせた人に何階ですか?と聞いて降りるフロアのボタンを押したり降りるときはお先にどうぞと声を掛けたり日常のさまざまな場面でお母さんが積極的に人と関わって楽しく会話している姿を見せることで子どもはコミュニケーションの楽しさやあいさつの大切さを実感していきます

 積極性を育てるためには親が先回りしてあれこれ世話を焼き過ぎるのもよくありません例えば外出先で子どもがおしっこと言ったときにはお母さんがトイレの場所を聞くのではなく、「トイレの場所を自分で聞いてごらんと子どもに促してください子ども自身がしゃべらなくてはいけないような環境をつくってあげるのも親の役目しゃべるのは楽しいな大事なことだなと思えるような体験を増やしていきましょう
アドバイザー 小崎恭弘さん 大阪教育大学教育学部准教授。専門は保育学

 優しいけれど自己主張もできて積極的で…。親というものは欲張りですが完璧な子どもはいませんおとなしい子のママの悩みに小崎恭弘さんが答えてくれました

幼稚園児とママの情報誌「あんふぁん」東北版・
2017年3月号に掲載