子育て・教育

幼稚園の先生からママへ

【先生からママへ】 小学校は楽しいよ

2017年03月03日(金)

秋田県私立幼稚園・認定こども園連合会 理事 幼保連携型認定こども園・にいだこども園(秋田市)園長・石川勲先生

 「小学校の入学式の帰り道。ランドセルが重いと言いながら、やっと家に着きました。あれから早いもので1年が過ぎようとしています。最初の子どもなので、親子共々さまざまな不安がありました。忘れ物がないか、明日の行事は何かなど、神経質なほど何度も見直しました。慣れるにつれて、『今日はどうだった?』と私が聞く前に、子どもが自分から話してくれるようになりました。楽しく過ごしているようでほっとしたものです」。これは以前、私が小学校で1年生を担任したときの保護者の声です。

 卒園を控えた年長組の子どもたちは、園の友達や先生たちとのお別れの時が迫ってきました。担任にとっては喜びと同時に寂しさも感じる季節です。保護者の皆様もさまざまな思いがよぎるのではないでしょうか。今、子どもたちは小学校への入学を心待ちにしていますが、同時に不安も出てきます。入学までに気持ちを高めていく配慮が必要です。家庭でも子どもとふれあう時間を多く持ち、入学の喜びを膨らませてあげてください。

 「これができないと小学校に入れないよ」。そんな言葉を、つい言いたくなるときがあるかもしれません。でも、それではお子さん自身が、入学することに不安を感じてしまいます。「がんばったね。これなら立派な1年生になれるね!」と認めてあげてください。きっと笑顔が見られるはずです。

 冒頭で紹介した保護者の方は、続けてこうも言っています。「思いやりの心も育ちました。生き物係の当番でウサギのエサを学校に持って行くとき、『学校のウサギはキャベツやニンジンなど堅いものは食べないから、クローバーを採りに行く』と言って、ちょうど霜が降りた寒い朝、早く起きて、近くの広場に行って採って来ました。今もその日のことが忘れられません」。

 小学1年生は心も体も大きく成長します。入学時の子どもや保護者の不安は安心へと変化を見せます。これまで、そのようにみんなが同じ道をたどってきました。入学後は心配なことがあったら、担任の先生に相談してください。担任と一緒に子どものことを考えることができれば、必ず不安は解消されます。
 元気に通学する子どもたちの姿を思い描きながら、残り少ない貴重な時間を一緒に過ごしたいと思います。
 
【幼稚園児とママの情報誌「あんふぁん」東北版・2017年 春休み号に掲載】